債務整理

債務整理は弁護士と司法書士のどちらにたのめばいいですか?

債務整理は、弁護士も司法書士も行うことができます。
ただ、弁護士と司法書士では、担当できる範囲に違いがあります。具体的には、①借金の額と、②手続きの種類、③簡易な手続きができる点に差があります。

①弁護士なら、借金の金額に関わらず担当できる

弁護士なら、借金の額に制限なく、どんな債務整理でも依頼することができます。司法書士の場合は、「借金の額が140万円以下」で、「簡易裁判所」で行う手続きに限り、頼むことができます。ただし、複数の貸主から借りている場合、全員から借りた合計金額が140万円以下である必要があります(日弁連法的サービス対策本部)。

②弁護士なら、地方裁判所で行う手続きも担当できる

弁護士なら、債務整理のどんな手続きでも、依頼することができます。司法書士の場合は、「簡易裁判所」で行われる手続きしか、原則担当することができません。例えば、過払い金が140万円を超えていて、当事者間の話し合いがまとまらない場合は、「地方裁判所」に裁判を起こすことになります。この場合、原則弁護士だけが代理人として裁判をすることができます。

また、「自己破産」・「民事再生」を行う場合は、地方裁判所に申立をしなければいけません。弁護士なら訴訟代理人として裁判を任せることができますが、司法書士には訴訟代理権がなく書類を作成しか行えないので、裁判所への申立はご自身でしなければいけません。

つまり、「借金の額が140万円以下」の場合で、「任意整理」・「過払い金請求」を行う場合は、弁護士と司法書士のどちらでも違いはありませんが、その他の場合は、弁護士と司法書士では担当できる範囲に違いがあるのです。

③弁護士がつけば、簡単な手続きが利用できる場合がある

管財事件(裁判所が選んだ破産管財人が調査・処分等を行う事件)の場合、弁護士が代理人についている場合には、裁判所に支払う予納金が、ご自身で申し立てをする場合より安く済み、手続が簡単という違いがあります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

初回無料法律相談実施中

Templates

債務整理・交通事故・遺産相続・不動産に関する相談は初回無料で受け付けています

川崎あすか法律事務所では、皆様に弁護士へ依頼するかどうかを十分にご検討頂くために、上記分野について無料相談の制度を用意しました。
もちろん、無料法律相談だけで問題が解決した場合はそれで終了です。下記の電話番号かメールフォームまたはLINEから、無料法律相談のご予約をおとりください。

タップして電話する 電話受付:9:00~21:00(平日)
電話受付:9:30~20:00(平日)

川崎あすか法律事務所のごあんない

営業時間

平日 9:30~20:00
上記の時間以外についても、ご予約により柔軟に対応致します。

ご連絡先

電話 044-221-3222
FAX 044-221-3600
メールでのお問い合わせ LINEでのお問い合わせ

交通アクセス

東海道線・京浜東北線
JR川崎駅(北口)から徒歩2分
京急線
京急川崎駅から徒歩1分

所在地

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町15番地5
十五番館10階

川崎市の弁護士 川崎あすか法律事務所 弁護士との無料法律相談あり
弁護士との無料法律相談予約受付中
弁護士との無料法律相談予約受付中
法律事務所にメールする