遺産相続

本妻と愛人の子どもの相続分に違いはありますか?

本妻の子どものように、婚姻関係にある夫婦から生まれた子どもを「嫡出子」、愛人の子どものように、婚姻関係にない男女間から生まれた子どもを「非嫡出子」と言います。婚姻関係にない男女の間の子どもで、父親に認知をされていない場合は、嫡出子・非嫡出子のどちらにもあたらず、相続することはできません。

日本では、法定相続人が相続できる財産の範囲は法律で規定されています。民法という法律では「嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の2分の1」とする規定があり、従来はこの規定に基づいて、非嫡出子の法定相続分は嫡出子の半分とされていました(民法900条4号ただし書)。

しかし、平成25年に行われた裁判で、この民法の規定が、法の下の平等を定めた憲法14条1項に違反し、無効であるという決定が出されました(平成25年9月4日最高裁判所大法廷)。最高裁判所の大法廷で、裁判官15人が話し合って出した結論は、法律を変えるほどの大きな力を持っています。そのため、この裁判によって、嫡出子と非嫡出子の法定相続分は同じになることになりました。従って、本妻の子どもと愛人の子どもの相続分は同じになります。

ただし、上記の裁判の違憲判断は、裁判や調停によって既に確定している遺産分割には影響しません。既に非嫡出子として嫡出子の2分の1の法定相続分で相続した財産については、さかのぼって嫡出子と同じ相続分に変更することはできません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

初回無料法律相談実施中

債務整理・交通事故・遺産相続・不動産に関する相談は初回無料で受け付けています

川崎あすか法律事務所では、皆様に弁護士へ依頼するかどうかを十分にご検討頂くために、上記分野について無料相談の制度を用意しました。
もちろん、無料法律相談だけで問題が解決した場合はそれで終了です。下記の電話番号もしくはメールフォームから、無料法律相談のご予約をおとりください。

タップして電話する 電話受付:9:00~21:00(平日)
電話受付:9:30~20:00(平日)

川崎あすか法律事務所のごあんない

営業時間

平日 9:30~20:00
上記の時間以外についても、ご予約により柔軟に対応致します。

ご連絡先

電話 044-221-3222
FAX 044-221-3600
メールでのお問い合わせ

交通アクセス

東海道線・京浜東北線
JR川崎駅(北口)から徒歩2分
京急線
京急川崎駅から徒歩1分

所在地

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町15番地5
十五番館10階

川崎市の弁護士 川崎あすか法律事務所 弁護士との無料法律相談あり
弁護士との無料法律相談予約受付中
弁護士との無料法律相談予約受付中
法律事務所にメールする