遺産相続

父の遺言書に「妹に全財産を相続させる」と書いてありましたが、有効ですか?

「特定の相続人に全財産を相続させる」という内容の遺言書も有効です。ただし、故人(被相続人)の兄弟姉妹以外の相続人には遺留分(民法1028条)があります。遺留分とは、法定相続人が最低限相続できる財産のことをいいます。そのため、全財産を一人に相続させるという遺言があっても、相続人は最低限の相続分は受け取ることができます。

具体的には、遺言書に法定相続人に相続財産が渡らない内容が書かれているような場合に、法定相続人が、遺留分減殺請求(民法1031条)を行って遺留分を請求します。遺留分は当然もらえるものではないので、自分で請求しなければなりません。通常の相続よりも相続財産は少なくなりますが、最低限の相続財産は受け取ることができます。

遺留分減殺請求は、相続開始・相続人の遺留分を侵害する遺贈や贈与があったことを知った時から1年以内に行う必要があります。請求は、贈与などを受けた相手方に行います。トラブルを最小限に抑えるために、まずは相手方に内容証明を送り、遺留分を請求する意思があることを示しておくことをお勧めします。内容証明で証拠に残しておくことで、後に紛争化した際に役立つことが多いです。相手方が請求に応じてくれない場合は、家庭裁判所で調停や審判を行うことになります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

初回無料法律相談実施中

Templates

債務整理・交通事故・遺産相続・不動産に関する相談は初回無料で受け付けています

川崎あすか法律事務所では、皆様に弁護士へ依頼するかどうかを十分にご検討頂くために、上記分野について無料相談の制度を用意しました。
もちろん、無料法律相談だけで問題が解決した場合はそれで終了です。下記の電話番号かメールフォームまたはLINEから、無料法律相談のご予約をおとりください。

タップして電話する 電話受付:9:00~21:00(平日)
電話受付:9:30~20:00(平日)

川崎あすか法律事務所のごあんない

営業時間

平日 9:30~20:00
上記の時間以外についても、ご予約により柔軟に対応致します。

ご連絡先

電話 044-221-3222
FAX 044-221-3600
メールでのお問い合わせ LINEでのお問い合わせ

交通アクセス

東海道線・京浜東北線
JR川崎駅(北口)から徒歩2分
京急線
京急川崎駅から徒歩1分

所在地

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町15番地5
十五番館10階

川崎市の弁護士 川崎あすか法律事務所 弁護士との無料法律相談あり
弁護士との無料法律相談予約受付中
弁護士との無料法律相談予約受付中
法律事務所にメールする