交通事故

交通事故で自由診療と保険診療のどちらを選べばいいですか?

交通事故の治療費計算

交通事故にあい、病院で診察を受ける場合、保険診療を受けることをお勧めします。

交通事故の場合でも、保険のきかない自由診療か、保険診療か、どちらかを自由に決めることができます。どちらを選んでも、治療費などの負担を加害者側に求める点は同じです。しかし、交通事故で被害者側にも過失がある場合、特に過失割合が大きい場合は、最終的に受け取る損害賠償金額に違いが生じるので注意が必要です。

診療内容を点数に置き換えたうえで、対価関係を示した目安で比較すると、保険診療の場合は1点10円とされているのに対し、自由診療の場合は1点10~30円になることが多いです。そのため、同じ100点分の治療を受けた場合でも、保険診療の場合の治療費は100万円、自由診療の場合は300万円かかることになります。

加害者と被害者の過失割合が7:3だった場合の被害者負担金は、自由診療の場合は300万×過失割合3割分=90万円、保険診療の場合は100万円×自己負担3割分×過失割合3割分=9万円となります。保険会社は、本来負担する加害者の過失分以上に支払った治療費は、他の損害賠償に充当するので、被害者の負担金が大きいほど、受け取る賠償額が少なくなるといえます。つまり、被害者に過失がある場合で、かつ健康保険を使わず自由診療で診療を受けた場合には、結果として被害者が受け取る賠償額が減る可能性があるのです。

こうしてみると、被害者が自由診療を行うことのメリットはありません。保険会社が払ってくれるからと安心せずに、健康保険による診療を受けるようにすることをお勧めします。

しかし、病院側にとっては、保険診療よりも自由診療で診療を行う方が多額の診療報酬を請求できるなどのメリットがあるので、自由診療を勧めるケースも少なくありません。もし、病院が健康保険を使わせない場合は、医師法「診察治療の求があった場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない(19条)」を根拠に争うこともできます。しかし、治療が長引く場合もあるので、むしろきちんと対応してくれる病院で治療を受けることをお勧めします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

初回無料法律相談実施中

Templates

債務整理・交通事故・遺産相続・不動産に関する相談は初回無料で受け付けています

川崎あすか法律事務所では、皆様に弁護士へ依頼するかどうかを十分にご検討頂くために、上記分野について無料相談の制度を用意しました。
もちろん、無料法律相談だけで問題が解決した場合はそれで終了です。下記の電話番号かメールフォームまたはLINEから、無料法律相談のご予約をおとりください。

タップして電話する 電話受付:9:00~21:00(平日)
電話受付:9:30~20:00(平日)

川崎あすか法律事務所のごあんない

営業時間

平日 9:30~20:00
上記の時間以外についても、ご予約により柔軟に対応致します。

ご連絡先

電話 044-221-3222
FAX 044-221-3600
メールでのお問い合わせ LINEでのお問い合わせ

交通アクセス

東海道線・京浜東北線
JR川崎駅(北口)から徒歩2分
京急線
京急川崎駅から徒歩1分

所在地

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町15番地5
十五番館10階

川崎市の弁護士 川崎あすか法律事務所 弁護士との無料法律相談あり
弁護士との無料法律相談予約受付中
弁護士との無料法律相談予約受付中
法律事務所にメールする