交通事故

基礎収入とはなんですか?

逸失利益の計算における基礎収入

後遺症による逸失利益は、「(基礎収入)×(労働能力喪失率)×(中間利息控除係数)」という計算で算出されます。この基礎収入とは、原則として事故前の現実の収入額のことをいいます。ただし、この原則を適用すると、年収の低い若者の場合、逸失利益が低くなりすぎる場合があります。そこで、将来一定の収入を得られる高い可能性がある場合に、例外的に全年齢平均賃金を基礎収入とします。

裁判の実務では、上記の原則・例外より具体的に、職業や収入によって以下のように基礎収入を分類しています。

職業 原則 例外
給与所得者 事故前の現実の収入額 若年者の場合は、将来その程度の収入を得られる可能性がある場合に「全年齢平均賃金額」(「男女別・学歴計・全年齢平均賃金額」)を採用する。
事業所得者 申告所得額 若年者の場合は給与所得者と同様
家事従事者 専業主婦 全年齢平均賃金額 生涯を通じて「全年齢平均賃金額」に相当する家事労働を行う可能性がない場合は減額する。
有職者 実収入額が全年齢平均賃金額を上回る場合は、実収入額 実収入額が全年齢平均賃金額を上回る場合は、専業主婦と同様
無職者 学生等 全年齢平均賃金額 生涯を通じて「全年齢平均賃金額」を得られる可能性がない場合は減額する。
高齢者 労働能力・労働意欲があり、就労の可能性が高い場合は、「年齢別平均賃金額」(「男女別・学歴計・年齢別平均賃金額」)
失業者 労働能力・労働意欲があり、再就職の可能性が高い場合は、再就職で得られるはずの収入額 概ね30歳未満の若年者の場合は、基本的に給与所得者の場合と同様
職業 基礎収入
給与所得者 原則
事故前の現実の収入額
例外
若年者の場合は、将来その程度の収入を得られる可能性がある場合に「全年齢平均賃金額」(「男女別・学歴計・全年齢平均賃金額」)を採用する。
事業所得者 原則
申告所得額
例外
若年者の場合は給与所得者と同様
家事従事者 専業主婦 原則
全年齢平均賃金額
例外
生涯を通じて「全年齢平均賃金額」に相当する家事労働を行う可能性がない場合は減額する。
有職者 原則
実収入額が全年齢平均賃金額を上回る場合は、実収入額
例外
実収入額が全年齢平均賃金額を上回る場合は、専業主婦と同様
無職者 学生等 原則
全年齢平均賃金額
例外
生涯を通じて「全年齢平均賃金額」を得られる可能性がない場合は減額する。
高齢者 原則
労働能力・労働意欲があり、就労の可能性が高い場合は、「年齢別平均賃金額」(「男女別・学歴計・年齢別平均賃金額」)
例外
失業者 原則
労働能力・労働意欲があり、再就職の可能性が高い場合は、再就職で得られるはずの収入額
例外
概ね30歳未満の若年者の場合は、基本的に給与所得者の場合と同様

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

初回無料法律相談実施中

Templates

債務整理・交通事故・遺産相続・不動産に関する相談は初回無料で受け付けています

川崎あすか法律事務所では、皆様に弁護士へ依頼するかどうかを十分にご検討頂くために、上記分野について無料相談の制度を用意しました。
もちろん、無料法律相談だけで問題が解決した場合はそれで終了です。下記の電話番号かメールフォームまたはLINEから、無料法律相談のご予約をおとりください。

タップして電話する 電話受付:9:00~21:00(平日)
電話受付:9:30~20:00(平日)

川崎あすか法律事務所のごあんない

営業時間

平日 9:30~20:00
上記の時間以外についても、ご予約により柔軟に対応致します。

ご連絡先

電話 044-221-3222
FAX 044-221-3600
メールでのお問い合わせ LINEでのお問い合わせ

交通アクセス

東海道線・京浜東北線
JR川崎駅(北口)から徒歩2分
京急線
京急川崎駅から徒歩1分

所在地

〒210-0007
神奈川県川崎市川崎区
駅前本町15番地5
十五番館10階

川崎市の弁護士 川崎あすか法律事務所 弁護士との無料法律相談あり
弁護士との無料法律相談予約受付中
弁護士との無料法律相談予約受付中
法律事務所にメールする